歯科医にクレームを入れられなかった、若かりし頃の思い出です。

今から20年以上前、私が高校生だった頃の話です。

私が通っていた高校では、定期的に生徒の健康診断が行われていたのですが、その一環で生徒がそれぞれ自分の選んだ歯科に行き、「歯の診察/治療を行った」という歯科医の診断書(詳しい内容は忘れましたが、おそらくそうだったと思います)を学校に提出するということが行われていました。

私も学校からほど近い歯科医を選んで行くことにしたのですが、いざ行こうとすると同級生から「あそこの歯医者さんは評判が悪い」といった趣旨のことを聞かされました。
そうなんだ・・・と少し気になったものの、学校に提出する書類を整えてもらいに行くだけだし、定期的に行くわけではないのだから大丈夫、と思いなおして結局そこに行くことにしました。

当日は学校の帰り道にその歯科医に寄ったので、友人が一人ついてきてくれました。
いざ、その歯科医に行ってみると自分たち以外に患者さんはいませんでしたが、待ち時間がなくてラッキー、と暢気に構えていました。
そのうち名前を呼ばれて診察室に入ったのですが、先生の前で口を開けてみると小さな虫歯があるとのことでした。

しかし本当に小さいので今日一回限りの治療で治りますと言われ、なんだか予想外に時間がかかりそうだなと思ったものの、そのまま治療に入りました。

そのまま治療に入ったのですが、先生の手つきがほかの歯医者さんより乱暴なのに驚かされました。
治療のために口を開かされるのも、口の中に器具を入れられるのも強引な感じがしましたし、治療が開始して早々怖くなってしまいました。
しまった、この歯医者さんにしなければよかったな、と後悔しましたが、後の祭りです。
どうか何事も起こりませんように、と心配していましたが、歯を削られていた時突然、舌に強烈な痛みが走りました。

一瞬、何が起きたのかわかりませんでしたが、すぐに歯を削る機械に自分の舌が触れたのだとわかりました。
しかし先生を見上げても何も言わないし、真剣に機械を握る手を動かしているだけです。
すぐに手を挙げれば良かったのですが、なぜか何もできないまま削った部分に詰め物をされ、治療が終わりました。

なんだか混乱したまま診察室を出て、待っていた友人に「なんか、いま治療されてて舌を傷つけられたみたい」と小声で告げると友人は信じませんでした。
しかし、舌に痛みが残ったままでしたし、トイレに行って確認すると舌の一部に引き連れたような跡がありました。
口に水を含んで吐き出してみると、微かに血が混じっていました。
頭がパニック状態でしたがなぜか歯科医に訴えることがどうしてもできず、そのままその歯科医を後にしてしまいました。

ともあれ、問題の小さな虫歯は無事に治療してもらったらしいですし、学校に書類も提出できたのでそのまま事態はうやむやになってしまいました。
今だったら確実に歯科医にクレームを入れるのに!と当時を思い出すたびに嫌な気持ちになります。
それと同時に、当時の私はどうして事を荒立てるのをあれほどまで怖がっていたんだろう?と不思議になります。
まだ若くて理不尽なことに怒ることもできなかった私の、苦い思い出です。

歯医者の予約を忘れてしまい、行きづらい状態になってしまいました

2か月ほど前から、歯の治療をしています。
歯医者が大嫌いな私ですが、それでも必死で通い、なんとか1本は治療を済ませました。4回ほど通い、レントゲンを撮り、上の歯の掃除が終わったところです。
しかし、次は下の掃除、となったところで、家族に不幸事が発生してしまいました。
ごく近い身内の不幸事だったため、当然そのときは、歯の治療のことなんてすっかり忘れていたのです。
予約をしていたのをキャンセルするような余裕すらありませんでした。

葬儀や火葬、初七日が終わり、ふとカレンダーを眺めて思い出したのが、歯医者の予約です。
すっかり忘れていたくらいですから、もちろんキャンセルの電話も入れていません。
現在私が通っている歯医者は、非常に予約が取りづらいところだというのに…。
こうなってくると、次の予約が入れづらいと感じてしまいます。前回レントゲン撮影をして、結構な金額を払ってしまっています。なんとか治療は続けなければなりません。
いまある虫歯をすべて治療する気で通い始めたはずなのに、たった1本しか治していない状態で行かなくなるなんて、もったいないです。
でも、やっぱり歯医者は怖いため、一度こんなふうに予約して忘れてしまうと、なかなか行く気になれないのです…。
歯医者がそれほど苦手でないかたには理解できない感覚かもしれません。

高校生のとき、長い年月虫歯を放置したことにより、神経を腐らせてしまったことがあります。
夜も眠れないほどの痛みでした。布団の中で、一晩中、のたうちまわって苦しんだものです。
そのときは、どんな痛み止めを飲んでも全く効きませんでした。虫歯の部分を中心に焼けるような痛みがあり、朝まで全く落ち着きませんでした。一睡もできなかったのです。
再びそんなことにならないように、注意しなくてはなりません。
いくら私が歯医者嫌いでも、あの痛みをまた味わうくらいなら、歯医者に行って削るのを我慢したほうがいいと思えます。

現在の時点で特に気になっている虫歯は2本。
右下の奥歯と、左下の奥歯です。
それぞれ一本ずつ、明らかに虫歯になっており、ちょっとした拍子に痛みを感じます。
なるべく早く治したいと思っているため、なんとかまた勇気を出して歯医者に通わなくてはなりません。

不幸事があったばかりで、まだバタバタしていることから、すぐには行けないかもしれません。
しかし落ち着いたら、また改めて予約をして治療を再開したいと思っています。

祖母がお世話になっていた歯医者に私も通う。

大正生まれで、80すぎても働いていた矍鑠としていた祖母でしたが、
病院嫌いが災いして、緑内障で失明し、寝たきりになってしまいました。

それからは、医者に行く以外は外出せず、
ベットでの生活になりました。

そんな中で、何十年も、がんばっていた祖母の差し歯が外れてしまいした。

目の見えない、足腰の弱った祖母を外出するのは一仕事、
持ち上げ車いすに乗せられても、待ち時間はどうしようと
悩んでいたら、ケアマネジャーさんが自宅に来てくれる歯医者を
教えてくれました。

早速、歯医者に行き、予約を取って往診を待っていました。

正直言えば、目が見えない、耳も遠い、痴呆も出ている祖母が
治療ができるのか、器具がないけど大丈夫かと不安でした。

当日、マスクをした医師と歯科衛生士がやってきましたが、
掃除機と組み合わせて使う器具を持って見えて
嫌がる祖母にも優しく対応し、新しい入れ歯を作ってくれました。

祖母は数年後に亡くなってしまいましたが、
私は感謝でいっぱいでした。

そんな私も、その歯科医のお世話になる事になりました。

差し歯が、シシャモとの戦いに敗れ、へし折れたからです。

本来ならば、差し歯を作った歯科医に行くべきでしょうが、
その医院は無くなったので、祖母がお世話になった歯科医に行きました。

祖母が治療を受けていたのは、数年前にも関わらず
「おばぁちゃん、元気にしてる?」「おばあちゃんは、変わりないですか?」
と医師も歯科衛生士も聞いてきます。

嬉しかったですね、祖母を忘れてい、覚えていてくれる人がいるって
幸せです。

この歯科医で気づいたのは、建物の古さと器具は違うという事です。

むしろ、老舗の方が新しいし優しい、
何よりチキンな私にはありがたい「痛くない」ようにしてくれることです。

今回は、神経を抜いた差し歯を入れ替えるのですから
痛いはずはないですが、歯石取りも痛くない。
虫歯治療だって、痛くないようにしてくれます。

折れた差し歯には、即日、仮歯を入れ、
患者が困らないようにしてくれる気配りと言葉。

思わず、入れた瞬間からうずいている別の差し歯の
治療も頼み、折れた差し歯より先に入り、長年のうずきも解決しました。

後は、肝心の折れた差し歯ですが、仮歯でも問題ないので
先に虫歯を一斉解決したいと思い、通院しています。

しいて難点があるとしたら、患者が多くて
予約が取りにくい事です。